売上2倍増のCriteo活用事例
顧客獲得を頭打ちさせるCPA評価からの脱却

今では多くのユーザーが、Google,Facebookなどの複数の広告をクリックし、コンバージョンに至っています。 ※コンバージョンしたユーザーの8割以上が、2回以上広告をクリックし、コンバージョンしていた企業様もいらっしゃいます。

それにも関わらず、コンバージョンの直前にクリックされた広告だけの評価(CPA評価)を行っている方は、多いのではないでしょうか。 CPA評価を続けていると、顕在層向けに強い広告に予算を寄せてしまうため、潜在層向けの施策がおざなりになり、結果的に、CPAが高騰する危険性があります。

潜在層向けと顕在層向けのアプローチを連動させるために、Criteoを活用し、売上2倍増させた事例を、ホワイトペーパーに載せておりますので、ぜひご覧くださいませ。

本ホワイトペーパーは、CRITEO株式会社と株式会社イルグルムの共同制作になります。

目次をご紹介

  • CPAだけで施策を判断するのは間違い!?
    CPAはかつて絶対的な指標だった
  • CVまでのユーザー動線は複雑になっている
    カスタマージャーニーマップ
    無視できないクロデバイス/ブラウザ
    CPAだけで施策を判断するとは?
    ファネル図:顧客のニーズの深さに応じた各施策
  • 失敗の傾向:潜在層〜顕在層へのバランスが崩れたアプローチ
    失敗の傾向① 顕在層向け広告に偏ってしまう
    失敗の傾向② 潜在層向け広告に偏ってしまう
    見込み顧客への正しいアプローチとは?
  • Criteo活用事例
    インフォマーシャルとデジタル広告の連動で売上倍増(Shop Japan 様)
    ブランド力とユーザーデータを活かした新規顧客向けアプローチ(auコマース&ライフ 様)
  • 複雑なユーザー動線にはアトリビューション分析を
    正しくCVに寄与した広告を計測することが可能に
    最適化&最大化による改善事例
  • アトリビューション分析を用いた成功事例
    アトリビューションを用いたTCPA分析を導入
    BULK HOMMEのBefore→After
    デイリー&マンスリーで効率よくPDCAを回すために
    BULK HOMMEの成功を下支えしたアドエビス
  • さいごに

資料請求フォーム

下記フォームにご記入ください。

【個人情報の第三者提供について】

当社は、本フォームにご登録いただき取得した情報を、
(1)に記載する利用目的の達成に必要な範囲で、
(2)に記載する利用者情報を
(3)に記載する第三者へ提供することがあります。

(1)利用者情報を第三者に提供する目的
・今後のサービスのご紹介、提案や各種セミナー、イベント等の開催をご案内するため

(2)提供する利用者情報の項目
・会社名
・ご担当者名
・電話番号
・メールアドレス

(3) 利用者情報を提供する第三者
CRITEO株式会社

(4)提供する利用者情報の管理に関する責任
株式会社イルグルム

※フォーム送信後、万が一弊社からのご案内がない場合は、お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願いいたします。
メール:marketing@ebis.ne.jp