業界標準の評価軸「CPA」には大きな落とし穴が…

Web広告市場が右肩上がりに拡大している現在、CPA(1件あたりの獲得コスト)をいかにして下げるか?ということに多くの企業が注力しています。しかし、このCPAには大きな落とし穴があるのをご存知でしょうか?

チャネルが多様化した今、 CPAのみを成果の指標として設定していると、「本来見るべき成果を見落としてしまう」時代になりました。 これまでのやり方を続けていると、「広告予算は上げられない、CPAは下がらない=売上がこれ以上伸びない」といった状況に陥ってしまう可能性があります。

本資料では、チャネルが多様化し、複雑化した時代において、刈取り広告に依存しない評価 指標 “Total CPA”について解説いたします。

目次をご紹介

  • はじめに
    業界標準の評価軸「CPA」には大きな落とし穴が…
    「CPAを追う活動」には限界がある
  • なぜCPA評価はリスクなのか?
    ユーザー導線の複雑化によるCPAの限界
  • 検証結果:ユーザーはコンバージョンしなくなっている
    ”アドエビス” でコンバージョンまでを調査
    検討期間1週間以上が一番多い
    他の業種でも調べてみると
  • Total CPAを使った全体評価
    Total CPAとは?
    Total CPAで指標の見直し
  • 重み付け設定で適切にCVを再配分する
    重み付けの設定とは
    重み付けの設定の変更
  • さいごに

資料請求フォーム

下記フォームにご記入ください。

※フォーム送信後、万が一弊社からのご案内がない場合は、お手数ですが以下までご連絡いただけますようお願いいたします。
メール:marketing@ebis.ne.jp